スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編第四回~
2006/10/31(Tue)
不思議な潮流に引かれるようにして、戦闘海域を離脱したエステバン達。危険が去ると、船の速度は元通りとなり、ひとまず補給のために一行はモザンビークの港へ立ち寄る。
交易品は一切積まず、物資を満載すると、【ローズエステマン-16%】号はついにインド洋へと船出した。
目指すは北東。インド西岸・カリカットである…。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
作者の休憩タイム
2006/10/31(Tue)
どーも。エステバンの中の人です。
この記事のURL | 中の人の日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バン子のどーでも豆知識
2006/10/29(Sun)
こんにちは。一応考古学もランク5のバン子です。
このコーナーではアタシがふと疑問に思ったことをふと調べてみたいと思います。
この記事のURL | バン子のどーでも豆知識 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編第三回~
2006/10/27(Fri)
この物語はフィクションです。DOLに実在する人物・国名・団体名等とは一切関係ありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前回までのあらすじ

セビリアを騒がせた『うちうち詐欺』の主犯格・怪盗フォティダスを追うエステバン。ラスパルマスで出会った女傭兵・Chiraのもたらした情報により、彼女がインドへ向かった事を知る。シアとタオの誤解を解き、武装ジーベック【ローズエステマン-16%】で一路インドを目指すエステバン一行は、アフリカをぐるりと回り、モザンビーク海峡へさしかかっていた…
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
バン子新しい船に乗る
2006/10/27(Fri)
お久しぶりなのー!バン子です。
中の人がこれから休日出勤なので、怪盗フォティダス編第三回は延期になりましたorz
ところでアタシは兄に先駆けて、この船を手にいれたわ(^-^)

この記事のURL | バン子の日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編第二回~
2006/10/23(Mon)
この物語はフィクションです。DOLに実在する人物・国名・団体名等とは一切関係ありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

首都セビリアを混乱の渦に巻き込んだ『うちうち詐欺事件』。
主犯格・【怪盗】フォティダスは、人々から巻き上げた莫大なドゥッカートと共に国外へ逃亡し、責任を問われた王宮捜査官McQUEENは、汚名を挽回返上(10/24修正)すべく追跡艦隊を率いてその後を追った。
この俺、エステバンも、事件が解決するまでは王宮から報酬を受け取ることができない。
高速艇【ローズエステマン-16%】を駆り、方々でフォティダスについての情報を集めながら、アフリカ圏との境に位置するカナリア諸島・ラスパルマスの港に寄港していた…。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ハゲよさらば
2006/10/23(Mon)
ぴんぽんぱんぽーん♪

この時間は予定を変更して、エステバン還俗式の模様をお伝え致します(^-^)(^-^)(^-^)
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
明日(本日?)エステバン和尚還俗!!
2006/10/22(Sun)
セビリア新聞の片隅記事より

イスパニアのエステバン和尚が、契約どおり1ヶ月をテッペンハゲで過ごし、明日還俗することとなった。

和尚のハゲ姿を実際に拝んだことの無い人々からは、ハゲたエステバン和尚をひと目見たいとの声も上がっているらしい。

そこで…
この記事のURL | お知らせ | CM(3) | TB(0) | ▲ top
次回予告
2006/10/21(Sat)
えー…1回限りの予定だったエステバンの事件簿ですが
ごく一部から続編のご要望をいただきました。

ペンを執る者として、ファンの皆様からのご要望が来るということは
何にも増してうれしいものです。
そこで続編を書いてみることに致しました。
この記事のURL | お知らせ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編 第一回~
2006/10/20(Fri)
よっ。エステバンだ。
俺は勇んでいた。
UNAS団に入団した真の目的を果たす時が、意外に早く訪れたのだ…。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
新たなねぐら
2006/10/17(Tue)
今回はちょいと前の話になるが…

その日、俺はセビリアの広場を散策していた。
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
アパルトメント騒動記
2006/10/12(Thu)
いよう!エステバンだ。
この書き出しも久しぶりだな!

さて、最近みんな自分の部屋を持つようになってきた。この前俺は、ある人のお部屋を訪ねてみたぜっ!
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
編集後記
2006/10/12(Thu)
ふう…
いかがでしたでしょうか、副官にスポットを当てた今回の連作企画。
最初は前・中・後の3回シリーズでまとめるはずが…
気がつくとその倍に…(@@;)
この記事のURL | 大航海時代オンライン | CM(4) | TB(0) | ▲ top
祈りよいつか救われん 最終回
2006/10/11(Wed)
太陽が最後の光を投げかける中、私と艦長は埠頭で向き合っていた。
互いに武器を手に取り、…しかし私は動けない。
私はこの男の命が欲しいのか?無論、そうではないからだ。
この記事のURL | シアの日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祈りよいつか救われん 第5回
2006/10/11(Wed)
晴れた昼下がり。
教会入口で、修道女達が勢ぞろいしていた。
この記事のURL | シアの日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
修正とお詫び
2006/10/08(Sun)
申し訳ない。
エステ子姉さんの人生相談は、依頼主のレディから取り消し連絡が入ったため、急遽中止となりました。

まことに恐縮ですが、何卒ご了承下さいm(_ _)m

以上
この記事のURL | お知らせ | CM(1) | TB(0) | ▲ top
祈りよいつか救われん 最4回
2006/10/06(Fri)
苦しげなうめき声に、私は悪夢から目覚めかけていた。
いや…あれが夢だったという保証はどこにもない。
私はどこかで気づいていたのだろうか。あの家に、私を置いておく余裕など無かったのだと。父の、母の、ふとしたそぶり、目つき、そうしたものから、何かを察していたのだろうか…?

そして、私は目を開いた。
この記事のURL | シアの日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
祈りよいつか救われん 第3回
2006/10/06(Fri)
…闇の中を、私は漂っていた。
浮遊する意識は、とうの昔に肉体から乖離してしまったのか。
昇っているのか、堕ちているのか、それすらも分からなかった。
苦しいのか、心地良いのか、感じることすらできなかった。

やがて、闇の彼方にひとつの光が見えてきた。
この記事のURL | シアの日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
祈りよいつか救われん(中編)
2006/10/03(Tue)
…いつの間にか激しくなった雨が降りしきる、夜の路地裏。
ほの暗い、石畳の細い通路。後ろからは追手が迫り、前には得体の知れない黒い影が立ちふさがる。
退けば煉獄、進まば地獄か。
私は誰に祈るでもなく、最後の力を振り絞り、スピアを構えた。
この記事のURL | シアの日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。