スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
仕事辞めました(ウソ
2007/06/29(Fri)
ども。エステバンの中の人です。
クロロのブログに地雷が敷設されていました。バトンか…。ルールは以下の通り。

【ルール】
・見たらやる。
・タイトルを「仕事(学校)辞めました。」に設定する。
・地雷バトンです。
・見たらすぐやる。←これ重要!!
・見た人はかならずやること。
・踏んだらコメント残すこと。
・やったことある人、ごめんね!
(以上、クロロブログより抜粋。)

んじゃいっちょやってみっか…w
この記事のURL | 中の人の日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
呑んで来たところです
2007/06/26(Tue)
今日はアルバイト最古参のH青年の送別会と、アルバイト最新のK女史の歓送迎会で飲みまくってきましたよ!
まだ頭が@@;三;@@します。
普段仕事の話しかしないメンバー達とくだけた話ができてよかったです。
大宮支社時代は普段もそんな感じでしたが、いつのまにか肩に力入りすぎだったのかもしれません。
まあ問題は、
この記事のURL | 中の人の日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
久々野良艦隊
2007/06/25(Mon)
よっ。エステバンだ。
俺はその日、プレステ・ジョアンの国を探すライブイベントでアレクサンドリアを訪れていた。
すると…
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
怪盗フォティダス編・人物の声イメージ集
2007/06/25(Mon)
ども。エステバンの中の人です。
先日、好調連載中【怪盗フォティダス編】ご愛読者の一人から、
「各人物の声のイメージがあったほうが、物語に深みが増すのでは?」とのお言葉とともに、下記リストが届きました。
それぞれのキャラに、声優さんの名前を組み合わせたものですね。
知ってる人もいるし知らない人もいますが…。
では私個人の感想と共に記してみましょう。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編人物名鑑 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
冒険の日々
2007/06/22(Fri)
よっ。エステバンだ。
考古学者になってこの方、ひたすら真面目に冒険する日々だぜ。
最近こなした冒険は…
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編第三十三回~
2007/06/20(Wed)
闇色の禍々しい雲の下、一進一退の激しい海戦が続いていた。
蒼帆を掲げた重ガレオンがエステバンの【ラ・ムー】に接近して来る。イングランド精鋭艦隊を率いる『ジャガー』の旗艦であった。その甲板に立つ人物を認めた瞬間、糸電話を手にしたままエステバンの顔面は蒼白となった。そして彼の唇がかすかに動き、擦れた声が漏れた。
「…お前は…!」
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
休暇にスポーツ
2007/06/15(Fri)
ども。エステバンの中の人です。
この記事のURL | 中の人の日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
職場の死神
2007/06/13(Wed)
ども。エステバンの中の人です。
今日は暗いお話。
この記事のURL | 中の人の日記 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編第三十二回~
2007/06/11(Mon)
~穀物海岸沖~

洋上の天候はここ数日、薄墨を流したような雲が垂れ込めたまま晴れる事が無かった。空に舞う海鳥の姿も、海に踊る魚影も見えない。
McQUEENとリトル・ジョンの艦を先頭に隊列を組んだエステバン達の艦隊は、カーボヴェルデを大きく迂回すべく、穀物海岸沖をほぼ真西へ向かって進んでいた。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
初SS
2007/06/11(Mon)
よっ。エステバンだ。
ブログ巡りしていたら、瞳子さんとこ にこんなネタが転がっていた。

この記事を見たブロガーさんは自分のブログで
一番最初に撮ったDOLのSSをアップし
日時とそのときの状況と
それにまつわる思い出を書きましょう。

(以上、抜粋)
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編第三十一回~
2007/06/09(Sat)
暗闇に包まれた空間に、二つの人影が跪いていた。等間隔に並んだ淡い蝋燭の炎が、ぼんやりと彼等の姿を映し出す。イスパニアの国政を牛耳る権力者・タベラ枢機卿と、海軍総司令官・サンタクルズ侯爵であった。遥か高みの天井からは、黒に近い紫色の緞帳が幾重にも垂れ下がっていた。が、それも闇に飲まれ識別する事は難しい。
広大な空間の奥まった位置には一際暗い闇がわだかまっており、そこにどうやらもう一つの人影が腰掛けているらしかった。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(7) | TB(0) | ▲ top
その頃聖帝は…
2007/06/08(Fri)
手下の海賊達をラスパルマスへ向かわせた聖帝Unchain…。

彼自身は何をしているのかと少し調べてみたところ…
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忍び寄る暗雲 第三話
2007/06/08(Fri)
よっ…エステバンだ。
まずはこいつを見てくれ。

ラリ子からのメール

この記事のURL | 決戦!ペンギン海賊団編 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ペンギン海賊団迎撃作戦日程
2007/06/07(Thu)
よっ。エステバンだ。
先日お知らせしたとおり、ついに【聖帝】Unchainの命を受けてペンギン海賊団艦隊が明日襲来する。
昨夜、ペンギンの一人・ラリ子ちゃんから情報が入った。以下に日程・場所を記すぜ。協力してくれる仲間のみんな、それに見物人の皆様(笑)、宜しくな!
この記事のURL | エステバンの日記 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編第三十回~
2007/06/06(Wed)
アフリカ大陸の西外れ、幾つかの島々からなる諸島の一つに、カーボヴェルデの港はあった。欧州と南アフリカ、中近東、インド、東南アジアといった諸海域を結ぶ交易路の要衝である。
一旦この港に入ったイングランド精鋭艦隊は出港準備をほぼ終え、いよいよ明朝出撃する事となっていた。【ジャガー】監視の依頼を受けたラリ・みちかの海賊艦も同行するのは言うまでもない。
そしてこの夜、一隻の商船がカーボヴェルデに寄港していた…。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忍び寄る暗雲 第二話
2007/06/06(Wed)
(今回の話は大半がフィクションです。実際のフォテ様は怪盗ではなく今はれっきとした生物学者です。盗みは働いておりません。そこのところ宜しくです。)

かつての自らの行いから、またしても災いを呼び寄せてしまったエステバン。ペンギン海賊団を裏で操る【聖帝】Unchainから討伐対象となった彼は、運命を共にしてくれる仲間を集いつつ、ガンボート【南無阿弥陀仏】号で西へ向かっていた。
【怪盗】として名を馳せ、エステバンが「フォテ様」と慕うフォティダスから、伝書鳩で連絡が入ったためであった。『リスボンにて待つ』と。
この記事のURL | 決戦!ペンギン海賊団編 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
新型コピー機
2007/06/05(Tue)
こんばんは。エステバンの中の人です。
この記事のURL | 中の人の日記 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
忍び寄る暗雲 第一話
2007/06/02(Sat)
かつて、イスパニア軍人の端くれとして高みを目指し続けたエステバンは、元々争いを嫌う性格とその脆い精神から上級士官の地位を捨て、軍人の世界からも足を洗い、孤独な遠洋探検家として新たな一歩を踏み出した。しかし過去の様々な経験は彼に心身の疲れを癒すためおよそ一ヶ月の眠りを強いた。
眠りから醒め海に舞い戻った彼は、所属商会【UNAS団】メンバーと各地を冒険して回り、久方ぶりに楽しい日々を送っていた。
だが、彼は気付いていなかった。神の哀れみか、それともそれが彼の宿命だったのか。
その安息の日々が、ほんの束の間、彼の元を通り過ぎて行くだけのものであったということに。
この記事のURL | 決戦!ペンギン海賊団編 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。