スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
落雷被害
2010/07/28(Wed)
夏本番。暑い日が続きますが皆様お元気ですか?中の人です。
この記事のURL | 中の人の日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編 第95回~
2010/07/19(Mon)
風雨は依然として激しく衰える事を知らない。
この時既に、荒れ狂う大海原の片隅でフォティダス一味の生命線と見られた一隻のクリッパーの水兵達がイスパニア兵によって全滅し、彼らに「先生」と慕われたその艦長は志半ばにして闇色の海面に呑まれ散っていた。そして彼がフォティダス達を裏切り仮面教団に差し出そうとしたウナス風味の身はバルデス、モンガータ、エゼキエル達の手に落ちたのだった。
一方その頃。松平瞳子と島津由乃が指揮する【一攫千金】号の甲板には、彼女らが「危険極まりない積荷」と称する者が姿を現していた。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
エステバンの事件簿 ~怪盗フォティダス編 第94回~
2010/07/12(Mon)
漆黒の空に時折不気味な紫色の雷光が奔る。風雨は衰える事を知らず、むしろ更に激しさを増しつつあるかに見える。通常であればいかなる艦船も動きを停止せざるを得ない程の嵐。しかしこの夜セビリア湾に集った100隻以上の船たちはそれぞれの思惑がゆえか、そのいずれもがその場に留まろうとはしなかった。
この記事のURL | 怪盗フォティダス編 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。